読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

Nikon AF-S 20mm f/1.8G ED 単焦点レンズの世界

今日は2015年の大晦日 (^.^)

今年もいよいよ終わりですね。

12月に入ってからと言うもの、多忙を極めブログを中々更新できずにいました (>_<)

これが、今年最後のブログになります。

 

振り返れば、2015年は写真三昧の一年でした。

2014年の12月にD5300を購入して始まったカメラ道ですが・・・。

実に奥が深いですね。このカメラってやつは (>_<) トホホ・・・(T_T)

お陰様でレンズ沼にもどっぷり浸かり、D750まで購入し・・・

やる気だけは人一倍ありますが、思い通りの写真が中々撮れません。

でも、少しずつですがカメラの事が分かっていくにつれて、面白くてたまりません。

もっともっと経験を積んで、来年もカメラ道に精進したいと思っています。

 

さて、今年最後のお話はタイトルにある通り、AF-S 20mm f/1.8G ED 単焦点レンズの世界へご案内させてもらいます (^^)/

って言っても、腕が未熟すぎてどこまで伝わるか分かりませんが・・・

このレンズは初めて購入した単焦点レンズで、広角レンズ好きの自分には最高のレンズに思えます (^_-)

 

主に星の撮影用に購入したのがきっかけでしたが、評判通りのいいレンズですね。

もちろん星撮影以外の風景撮影なんかにもイケちゃいます!!

 

この20mmの単焦点レンズで撮影した作例?らしきモノは、このブログで度々紹介はしてきましたが、まだご紹介していないモノも随分たまってきたので、改めてレポートさせて頂きます。

 

念の為に言っておきますが・・・

所詮カメラ道1年足らずのバリバリの白帯のレポートなので、信じるも信じないもあなた次第です (^.^)

 

それではサクッとAF-S 20mm f/1.8G ED 単焦点レンズの世界へ行って見ましょう!!

 

 

 

まずは山中湖での星撮影です。

 

f:id:Kumamon:20151230231732j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F1.8 SS 8 露出 1.0 ISO 1600 

 

F値の開放で撮ってみました (^.^)

多少絞った方がいいかもしれませんが、開放でもなかなかどうして・・・

いい仕事をしてくれます。

スマホでご覧の人は、星が見づらいかもしれませんが拡大して見て下さいね (^_^.)

12月に撮影したものですが、やはり冬は空気が澄んでいて星撮影にはいい時期かもしれません (^^)/

このレンズ・・・高感度に強いD750との相性はマジ抜群です!!

 

 

f:id:Kumamon:20151230233818j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F6.3 SS 20分 露出 0 ISO 200 

 

今度はバルブ撮影をしてみました!!

シャッターは20分間開けて撮影です。

この時は、もう少しで日の出って所だったので、星の軌道がでるか心配でしたが・・・

しっかり出てくれましたね (^.^) ホっ。。。

いい感じで撮れたように思えます (^^)/

 

 

f:id:Kumamon:20151230234710j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F2 SS 1/2 露出 0 ISO 1600 

 

これは、つい最近撮影してきました。

満月に照らされた山中湖です。 

自分のイメージでは、月の光に照らされた幻想的な感じで撮りたかったのですが・・・。

実際の現場は、もっと幻想的で、うっとりしてしまうぐらいでしたが (^_^.)

それはいいけど、とにかく超寒かったです (T_T)

この時の山中湖の気温は氷点下5度・・・。

防寒対策を万全にして行っても、やっぱり寒いですね。。。

 

 

f:id:Kumamon:20151230235638j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F1.8 SS 10 露出 0 ISO 1600 

 

こちらは、精進湖になります。

この日も月明りが差し込み、星の写りは悪いですが、これはこれでアリだと思っています。

月明りに照らされた湖ってイイもんですよぉ― (^^)/

 

 

f:id:Kumamon:20151231000527j:plain

CAMERA:Nikon D5300 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F1.8 SS 10 露出 0 ISO 1600 

 

これは、D5300で撮影したものになります。

DX機の為、実際の焦点距離は30mm(35mm換算)になりますが、さすがに富士山が大きく写りますね― (^.^)

35mmの単焦点も欲しくなってきますね。。。

これをD750に装着して・・・いやいやアブねー。

またもや、レンズ沼にハマるところでしたぁ・・・ (>_<)  ふぅーーー。

 

 f:id:Kumamon:20151231001825j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F5.6 SS 25分 露出 0 ISO 100 

 

バルブ撮影したものです。

シャッターは25分間開けて撮影です。

精進湖は、静かな所なのでホント気持ちが落ち着きますね (^^)/

これは、月明りの中でのバルブ撮影だったので、今度は新月の夜にでも行って撮影してきたいと思います (^.^)

 

 

f:id:Kumamon:20151231002626j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F1.8 SS 10 露出 0 ISO 1600 

 

夜明け前のショットです!!

幻想的な風景でした。

今の腕ではここまでしか表現できませんが、このブログをご覧になっている皆様にも、ぜひ一度精進湖に足を運んでもらいたいと思います。

ただ・・・この冬の季節は、山中湖同様、完全防寒対策をして行かないとヤバいです!!

 

 

f:id:Kumamon:20151231003234j:plain

CAMERA:Nikon D5300 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F16 SS 125 露出 0 ISO 100 

 

精進湖の夜明けです (^^)/

冬の時期の精進湖は富士山の稜線から太陽が出てきます。

ちなみに撮影日は12月初旬ですが、光芒もバッチリでてますね (^.^)

湖の朝靄に太陽の光が当たった時は、すっかり見惚れてしまって思わず感動しちゃいました !

お陰様で、この瞬間の写真の枚数は、ほんの数枚しか撮れていませんでしたね。。。

これは前から思っていましたが、このレンズは逆光にも強いですね (^-^)

ナノクリの恩恵なのでしょうか、フレアーなどは出にくいレンズだと思います(^_-)


 

f:id:Kumamon:20151231004054j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F1.8 SS 20 露出 0 ISO 1000 

 

今度は新道峠で撮影したものです。

撮影日は11月の最後の週あたりですが、星空がクリスマスっぽい写真を撮りたくて撮影してきました。

雲海も出ててくれて、イメージ通りに撮れたお気に入りの一枚です。

A3の用紙に印刷してみると、星がダイヤを散りばめたように見えて、まさにメリー・クリスマス!!って言いたくなってきます。

雲海の下にある夜景の色合いがカラフルでいい感じです!!

それにしても、このレンズ・・・

開放からガンガンにイケますね!!

 

f:id:Kumamon:20151231004931j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: Nikon AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

焦点距離 20mm F2.2 SS 6 露出 0 ISO 1000 

 

最後になりますが、同じく新道峠で夜明け直前に撮ったショットです。

偶然にも、流れ星と一緒に撮影することができました (^^)/

適当にシャッターを切っていたら、突然、目が一瞬眩むぐらいの光が放たれました (>.<)

それが流れ星でした!!

まさかと思って急いでモニターで確認すると、バッチリ写っているではありませんかぁ・・・。流れ星がぁ (*'▽'*)

思わずニヤリってしてしまいましたねぇ・・・。

これが、お初の流れ星撮影でした (^^)/

そして、この流れるような雲の動きも自分は好きな画です。。。

流れる雲と雲海に挟まれた富士山。

もう、最高ですね!!

肉眼では決して見えることが出来ない世界の撮影をできるなんて・・・

これは広角レンズならではの特権みたいなモンですね。


こいつはお陰様で自慢の一枚になりましたよっ (-。-)y-゜゜゜

やっぱり、ズームレンズも単焦点レンズも広角はいいですねーーー!!

 

この新道峠で撮影した2枚は、お世話になった空手仲間の師範にクリスマスプレゼント代わりにと、A3の用紙に印刷して渡したところ、大変喜んでもらえました (^o^)

もっと研鑽に研鑽を重ねて、またプレゼントしたいモンですね (^_-)

 

ちなみに、週末の新道峠は大勢のカメラマンの皆さんがいるので 、早く行かないと三脚が立てれませんのでご注意を・・・。

皆さん夜中から陣取っています(>_<)

それにしても、新道峠の撮影現場があまりにも狭すぎるぅぅぅーーー (T_T)


あと、冬季は新道峠にアクセスする林道が、登山道の入り口までの数キロの区間が閉鎖されています。


しかし、閉鎖されている林道を歩いてそこまで行く強者もいるみたいですが・・・ (^^;)



いかがでしたか?

この20mmの単焦点レンズは、使う場所こそ選ぶ所はありますが、こういった風景を撮るには最高のレンズでもあります。

ナノクリまでついてるこのレンズは、大三元のズームレンズのような高価なレンズに比べると、比較的安い値段(約1/3程度の金額)で購入できるのでコスパは最高です。

しかも軽いレンズ。。。

これは持ち運びには非常に楽です。

新道峠も10分~15分ぐらい登山道を歩きますが、このレンズだと楽に登れます。

評判がよいレンズだったので、迷いなく購入してみましたが、結果大正解でしたね。

 

風景の撮影用に!!っと考えているカメラマンの方がおられれば、ぜひお勧めしたい1本です (^_-)

 

さて、間もなく2015年も終わろうとしています。

このブログを2015年9月1日より開設しましたが、毎日、大勢の方からアクセスをして頂きました。

本当にありがとうございました (^.^)

まったく参考にならなかったかも知れませんが、心より感謝申し上げます。

来年もまた、気合を入れてこのブログを書き綴っていきたいと思います。

 

くまモンをこよなく愛す空手家が、カメラ道の黒帯を目指す奮闘記「kumamon’s diary」を今後も暖かく見守って下さいね (^.^)

 

それではまた・・・

皆さまよいお年を (*^。^*)

 

押忍!!



追伸・・・

帰省中の写友のSさん、早く帰ってきてくれーーー!!

喧嘩相手がいないとマジ寂しいぞぉぉぉーーーポコペン (T_T)