読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

D750でパール富士を初撮影!!初夏の山中湖は神秘的な世界でした (^^)/

毎日暑い日が続いていましたが、ようやく少し涼しくなりましたね ( ^o^)

あと、もう少しで梅雨入りですが、梅雨に入ると中々撮影に行けなくなるので、今のうちに三脚を担いで撮るだけ撮っておきたいものです (^^;)

 

さて、前回のブログでも少し触れましたが、先日、山中湖にパール富士の撮影に行ってきました。

そこで、今日のお話しはそのパール富士の撮影レポートになります (^.^)

 

ダイヤモンド富士はこれまで何度か撮影をした経験がありますが、パール富士は今回が初めての撮影です (^^;)

 

それでは、初夏の山中湖の神秘的な世界へ、サクッと行ってみましょう  (^^)/

 

 

2016年5月22日

 

日付が変わった夜中の午前0時頃、山中湖へ到着。

湖畔をグルッと回って、撮影ポイントへ向かいます。

 

今日は満月のパール富士です (^^)v

車を運転しながらだと、夜空に高くある月こそは見れないものの、湖に目を向けると月明かりで湖面がキラキラと光っているのが分かります。

自分なりにパール富士のポイントを事前に調べておいたので、期待感をいっぱいにしながら山中湖の平野地区に到着。

 

三脚担いで、いざ、勝負!!

 

えっ?

あれ・・・???

ん?ん?

 

さぞかし、大勢のカメラマンがすでに待機しているかと思いきや・・・

 

誰もいません・・・  (;゚д゚)

 

夜釣りを楽しんでいる釣り人が二人いるだけです (;^_^A

今日のパール富士の時間帯は、だいたい午前4時頃。

約4時間前に現場に入った訳ですが、誰もカメラマンが居ないのです (>_<)

 

ダイヤモンド富士なら、もうとっくに数十人単位でカメラマンが居て当たり前です。

 

一瞬、パール富士はダイヤモンド富士より人気がないのかなぁっと思いましたが・・・(^^;)

事前に調べたところでは、今夜は山中湖の「ママの森」付近でもパール富士の撮影が出来そうだったので、念のためそちらにも行ってみました。

 

しかし・・・

ここにも誰もいません (>_<)

 

仕方がないので長池公園の駐車場で、もう一回冷静になってポイントの確認をしようと思い愛車を走らせます。

長池公園の駐車場に着くと、おびただしい車の数が駐車されています。

すでに駐車スペースがまったくありません。

それでも強引に愛車を止めて湖畔に行ってみると、数人のカメラマンがスタンバイしていました。

 

えっ?

ひょっとしたらパール富士はココ??

 

っと思いながら、スタンバイしているカメラマンさん達に話し掛け、情報を収集することに (^^;)

 

「多分ここだと思う・・・。」

「たくさん車が止まっていたから・・・。」

等々、何人かに声を掛けてみましたが、皆さんまったく自信がなさそうです。

 

不確定要素がタップリの情報収集に少し混乱しながらも、まだ時間があるので再び平野地区へと向かってみました。

しかし、相変わらずカメラマンは誰もいません (>_<)

夜釣りをしていた釣り人すら居なくなっています・・・。

 

やっぱり長池かなぁ・・・っと思いつつも、もう一度、パール富士の場所を確忍することに (;^_^A

 

スマホでネットを駆使して情報収集を行いましたが、やはり5月21日のパール富士の撮影ポイントは、ここ平野地区か、ママの森なのです (>_<)

 

ん?

5月21日 (~。~;)?

ちょっと待てよ・・・。

 

スマホで日付を確認すると、今夜は22日になっています。

ようやく、ここで気付きました (>_<)

 

そうです・・・

単純に日付を一日間違えて、ポイントの設定をしていたのです (T.T)

これは、何という大失態 ( ̄。 ̄;)

 

すぐに、今夜のポイントを確認すると、長池公園の駐車場付近ではないですかっ!!

慌てて、太陽と月の軌道を表示してくれるスマホのアプリをダウンロードして再度確認しましたが、ドンピシャで長池です (>_<)

 

パール富士まで、もうそれほど時間はありません。

急いで長池公園に向かいます。

 

ヤバっ (汗)

かなり出遅れたかな・・・

っと思いつつ、長池公園に到着。

 

駐車場は先程よりもさらに混雑していました。

それでも、なんとか強引に愛車を止めて、三脚を担いで湖畔に行ってみます。

 

さっきは湖畔に数脚しかなかった三脚が、所狭しとたくさん並んでいるではありませんかっ (;゚д゚)

カメラマンの数は、およそ200名。

三脚が立てるスペースがないぐらいでしたが、幸運にもちょうど目の前にわずかなスペースを発見!!

 

ようやく、ここから撮影開始です (>_<)

 

 

f:id:Kumamon:20160522140332j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 38mm  F8  SS 10   露出 1.0 ISO400 

 

まだ、富士山には笠雲が掛かっています (^^;)

GPVで確認してみたら、午前2時までは富士山付近には雲が掛かっていましたが、午前3時頃にはスッキリと雲が抜けてくる予想がでています。

雲が取れることを祈りつつ、設定を煮詰めていきます。

 

 

f:id:Kumamon:20160522140514j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 38mm  F11  SS 15   露出 1.0 ISO500 

 

少し絞って、光芒を出してみました。

月でも光芒って出るんですね (;^_^A

だいぶ雲も取れて、ベストな状態になってきました (^^)v

 

ただ、どんな設定で撮影していいのか、試行錯誤の連続です。

でも、今回はかなりいい条件での撮影機会に恵まれそうです・・・。

こんなシャッターチャンスは中々ありませんねっ (;^_^A

 

 

f:id:Kumamon:20160528163117j:plain

CAMERA:Nikon  D5300 LENS:AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 

焦点距離 300mm(35mm換算で450mm)  F8  SS 1/640   露出 0 ISO200

 

それにしても、今夜の月は綺麗ですねぇー (^^)v

これは、D5300のキットレンズについてきた望遠レンズで撮影したものです。

自分が唯一、所有している望遠レンズなのですが・・・ (^_^.)

まぁ、なかなか頑張ってくれているとは思います。。。

そう思うのですが・・・

実は、明るい望遠レンズが欲しくて現在購入を考えているところです。

ニコン大三元「70-200 f2.8」あたりを目標にしていますが、お値段もそれなりにするので貯金をせっせとしているところです。

 

これまでの撮影スタイルでは、まったく望遠レンズがいらなかったのですが、最近は欲しくなるシーンが多くなってきました (^_^.)

 

キットレンズの望遠レンズでは少し厳しいかな・・・って撮影をしながら思えることが多いので、いつになるか分かりませんが購入意欲だけは一人前にあるのです (^.^)

 

 

f:id:Kumamon:20160522140655j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 42mm  F7.1  SS 5   露出 1.0 ISO64

 

もう少しで、富士山の山頂に月が掛かります。

周辺のカメラマンのシャッター音が激しくなってきました。

 

ここまで、色んな設定で撮ってみてはいるのですが・・・

なかなか、これっ!!て言うのが見つかりません (^_^.)

うーん・・・難しいですねぇ。

って言うか、もう悩んでる暇ないしぃーーー (>_<)

 

 

f:id:Kumamon:20160522140947j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 42mm  F8  SS 6   露出 1.0 ISO64

 

じゃーん!!パール富士です!!

まだ星も少し見えていますね。

 

色々悩みながら撮影している内に、もうパール富士になってしまいました (>_<)

しかし、パール富士とはよく言ったもので、本当にパールを富士山の山頂にポッと置いたように見えますね (^.^)

 

ダイヤモンド富士ほどの派手さはないものの、ついついうっとりと見入ってしまいました。

静寂な山中湖の夜には、お似合いの光景です (^^)/

 

 

f:id:Kumamon:20160522140816j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 42mm  F8  SS 6   露出 1.0 ISO64

 

少しトリミングをして、富士山を大きくしてみました (^.^)

パール富士は、「神秘的」って言葉が本当によく似合います。

 

今回初めて撮影をしましたが、腕はともかくこの神秘的な世界を撮影出来てよかったです!!

 

 

f:id:Kumamon:20160522141128j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 42mm  F8  SS 6   露出 1.0 ISO64

 

あっという間に、月が富士山の真ん中に半分沈みました。

夢中になってシャッターを切り続けましたが、もう興奮しまくりでしたね (^_^.)

 

月が動く速度は意外に速いです・・・。

モタモタしていると、シャッターチャンスを逃してしまいますね (>_<)

 

 

f:id:Kumamon:20160522141300j:plain

CAMERA:Nikon  D750 LENS:SIGMA 24-105mm f4 DG OS HSM Art 

焦点距離 42mm  F8  SS 6   露出 1.0 ISO64

 

パール富士が終わりを告げようとしています・・・。

 

月が富士山の山頂に来てから沈むまで、わずか2分程度だったかもしれません。

設定に迷いながらの撮影でしたが、月が沈みきったところで撮影終了です。。。

 

パール富士の撮影後、平野地区に戻りついでに富士山の朝焼けの撮影をしました。

そのとき、宇都宮から来ていたベテランカメラマンの方と話す機会がありましたが、どうやら寝坊してパール富士には間に合わなかったそうです。

 

自分の写真を見せてくれと頼まれたので、カメラの液晶モニターで見せたら・・・

 

「おぉーーー綺麗なパールじゃん!!これこそがパール富士だよっ!!」

っと、何度もそう言いながらお世辞を言って下さいました。

 

ちなみに、このカメラマンさんは、もう三日間も車中泊を繰り返しながら山中湖にいるそうです。

御年70歳っと言ってましたが、とってもパワフルなカメラマンさんでしたね (^.^)

 

この後、しばらく平野地区で撮影をした後、ここで撤収です。。。

 

 

 

 

いかがでしたか?

 

迷いながらの撮影とは言え、初めての割にはそこそこ撮れたのではないかと思います。

 

しかし・・・

こうして撮ってみれば良かったかなぁ・・・

もう少し色々と試してみたかったなぁ・・・

 

等々、反省点が山ほどあることは確かです。

いかせん、経験不足はどうにもなりませんね (^_^.)

 

でも、これから撮影チャンスはまだまだあります。

もっと経験を積んで、自分なりに納得がいくような撮影をしてみたいです (^^)

 

パール富士はダイヤモンド富士とはまた違う、とっても神秘的な世界でした (^^)/

そんな世界が表現ができるように、これからも勉強していきたいものです。

 

それではまた次回のブログでお会いしましょう!!