読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

D5300 富士山冬の陣  ~ 日本一の頂を切り撮らさせてもらいます!! ~

今日のお話は、富士五湖へ初めて本格的な撮影に行ったお話です。

とにかく寒かったですね・・・ (^_^.) 

カメラを初めてなければ間違いなく冬の富士五湖には近寄らないですからっ (>_<)

今回は道場の可愛い弟子のK君(当時8歳)Y君(当時12歳)の兄弟も同行しています。

空手の世界では師範のいう事は絶対で、何を言われても「基本、押忍!!」なので、むりやり?この二人を連れていきました (^.^)

基本、押忍!!って言い出したのは、親しくさせて頂いてる千葉県在住のM師範です。M師範ひどすぎ (^.^)

 

さて、それでは真冬の富士五湖にサックと行って見ましょう!!

 

2015年1月17日

正月気分も少し抜け始めた頃、真冬の富士五湖へと撮影にでかけた。

今回は、道場の弟子達も同行させている。少しでも多くの自然と出会って、それを理屈ではなく肌で感じてほしいとの願いからだ。

ってなわけで、愛車に弟子達をのせると、いざ出陣!!

日本一の山、富士山をめざす。

まず、最初の目的地は御坂峠。河口湖から石和温泉方面へぬける途中にある。

この峠は、通称”オケラ街道”と仲間内では呼ばれている。

まだ、小生が若かった頃、この峠を週末の度に駆け上がり、石和方面へと通っていた時期があった。石和にはJRAの場外馬券場があり、博徒として通い詰めていたのだ。

当時は、競馬ブームが真っ盛りの時代。オグリキャップなどのアイドホースが数多くいて競馬そのものにドラマもあった。古き良きいい時代であったが・・・。

 

この峠を通っては、帰りは無残にやられて帰ってくることが多く、そしてついた名前がオケラ街道・・・。一文無しになるまでJRAにやられて、随分、お国のために?働いたものだ。若気の至りである・・・。

そんな思い出に浸りながら、オケラ街道いやいや御坂峠を行く。

ほどなくして、御坂峠にある展望台につく。

 

愛機D5300を手に弟子たちを伴い、いざ現場へ!!

 

f:id:Kumamon:20150920140745j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離55mm  F8  SS1/400  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし 弟子達の必死の息吹き作戦も実らず・・・くそっ!!

 

眺めがよい展望台ながら、肝心の富士山に雲が掛かってしまっている (>_<)

なかなか取れそうで取れない雲にイラってくるものの、弟子たちがそんな師範の思いを知ってか知らずか、ふぅーふぅーっと富士山に息を吹きかけ雲をどかそうとしている。

 

・・・おバカである。(笑)

 

しかし、そんな無邪気な弟子達の姿を見ていると心が和んできた。

おバカであるが、なんたる師範想いの弟子達であろう。よし、次の稽古では組手を少し加減してやろう (^.^)っと可愛い弟子たちを気遣い御坂峠を後にした。

 

御坂峠から、河口湖湖畔に移動した。冬の河口湖には人影があまりない。

やはり夏のリゾート地ってイメージがあるが、こう寒くては確かに!!っと思いたくもなる (>_<)

今度は河口湖湖畔から、宿敵富士山の頂に挑戦する!!

富士山覚悟!!

 

 

f:id:Kumamon:20150920142829j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離18mm  F8  SS1/640  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし 弟子達が寒いと言って外に出てくれません (T_T) 遊んでくれよぉーーー

 

ちょうど時間帯が悪かったせいか、河口湖は逆光気味であった。冬の太陽を浴びた湖面は眩しい。ここでも、富士山は雲に隠れて全貌を見せてはくれない・・・。

弟子達は、あまりの寒さに車で待機・・・。

くそっ!!師範がこんなに頑張っているのにぃぃぃー(怒)

やっぱり組手は加減しねぇっと心に誓いを立て、河口湖を後にした。

 

河口湖から、今度は西湖にある野鳥の森公園へ。

ネットで事前に調べていたのだが、どうやら樹氷が売りの公園らしい・・・。

期待感いっぱい膨らませて向かった。

 

f:id:Kumamon:20150920144255j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離52mm  F8  SS1/640  ISO100  WB晴天 露出-0.3 画像加工なし ここでは遊びまくっていた弟子達。それにしても微妙な富士山っすね。。。

 

野鳥の森公園に到着し、さっそくD5300で闘いを挑むがすっかり雲に覆われた富士山。

ここではしばらく姿を現すまで待機しまくってやっと撮った一枚がこれ。超超超さむかったぁ!!

 

師範がそんな苦労をしているのにも関わらず、弟子達は樹氷と雪のコラボに大はしゃぎ で走りまわっている (>_<) ← 押忍!先生の写真より雪遊びっす・・・弟子談

特にY君の落ち着きのなさが目立つ目立つ!!お前兄貴だろっ落ち着け!!

とうとう靴がビショビショになるまで、兄弟それって遊び尽くしていた。

それにしても、先ほどまで寒い寒いて言って車から出てこなかったのにぃぃぃ(激怒)

 

元全日本王者のすべてを掛けて、こいつら組手でつぶす!!と更なる誓いを立てた師範であった(笑)師範ちっさいじょっ(>_<)

 

 

f:id:Kumamon:20150920145726j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離36mm  F8  SS1/125  ISO100  WB晴天 露出+1.3 画像加工なし 

じゃーん!!初登場のK君です。度々ブログで紹介させてもらってます。小生とは。大のくまモン友達でもあります。兄貴のY君はくまもんファンではないため割愛させて頂きます(笑)ちなみにK君やんちゃそうに見えて、実は超ビビりな奴です。師範のグラサン似合ってますよ!!もっと自分を出せるようにねっ (^.^)

 

 

遊び疲れた弟子たちを引き連れ、次は精進湖へ向かう。

精進湖に行くのは、何十年ぶりだろうか・・・。

恐らく、カメラをやっていなければ、一生行くことはなかったであろう。

そんな精進湖に着くと、車で湖畔まで行ってみた。

 

f:id:Kumamon:20150920150627j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離23mm  F8  SS1/500  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし 湖面が凍ってるのには驚きました。でもここはホームになりそうなポイントです。

 

精進湖は湖畔まで車で行けるので、非常に便利だ。

ここでも、なかなか富士山はくっきりと姿を見せてはくれない・・・。

見えそうで見えないって言うのは、かなりストレスがたまる (>_<)

なんとか、少しだけ見えた瞬間をD5300が捉えたのがこの一枚。

うーん 微妙な感じぃ・・・。

湖面は薄く氷が張っていた。どうりで寒いわけだ・・・しかし絵になるかもっと思いつつ精進湖を後にする。

ちなみに、弟子たちは、ここでも雪合戦をして遊んでいた。もうお前ら許さん!!

 

精進湖を後にして、本栖湖に向かったが撮影ポイントがよく分からず、すぐに撤収。

後日、リベンジに行けたのだが、もっと事前に調べておけばよかった (T_T)

 

最後は朝霧高原に向かった。

朝霧高原には広大な牧場があり、その牧場と富士山のコラボは絵になるのだが、今日はその富士山に徹底的に嫌われている (>_<)

ここでもチラっチラっとしか、その姿が拝めない。

 

f:id:Kumamon:20150920152434j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離18mm  F8  SS1/320  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし いいかげんお姿を見せて下さい・・・。私がわるぅーございました (T_T)

 

もう今日はダメかな・・・っと思い始めたその時!!

弟子のK君が、先生見えてます!!っと車内で興奮しながら教えてくれた。

すぐさま車を止め、D5300が最後の戦いに打ってでた。

これまでの鬱憤を晴らすがごとく、D5300が日本一の山に襲い掛かる。カシャッカシャッ

 

 

f:id:Kumamon:20150920153140j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離18mm  F8  SS1/320  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし K君の大活躍でやっと拝むことができました!!いいねぇー富士山!!

 

f:id:Kumamon:20150920153503j:plain

Nikon  D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離55mm  F8  SS1/400  ISO100  WB晴天 露出0 画像加工なし 会心の一枚です。長い一日でした (>_<)

 

負け戦が濃厚であった局面で、一死報いた会心の一枚がこれ (^^)/

K君の発見がなければ、完璧な負け戦であっただろう・・・。

 

最後の最後で、富士山に一太刀浴びせて撤収した。

大手柄をあげたK君には、小生が行きつけのお店に行き、富士宮焼きそばを褒美にとらせた。K君、Y君いっぱい食べて大きくなれ~

 

う~ん・・・やっぱり弟子は可愛がるモノだな♡っと先ほどの誓いをすっかり忘れていた師範であった。やっぱり師範ちっさいぞぉ (>_<)

 

K君&Y君、やきそばモリモリ食べてね (^^)/ ポコペン !(^^)!