読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

Nikon 一眼レフカメラ D5300 ダブルズームレンズキットを購入した理由

 

今日は、昨日ご紹介させて頂いた、愛機「D5300 ダブルズームレンズキット」についてのお話です。

一眼レフカメラを購入するにあたり、いろんなメーカーから様々なカメラが出ていますが、まずはニコンのカメラを選んだ理由・・・

昨日の話にも出てきたプロカメラマンの先輩がニコンのカメラを所有していた影響が少なからずありますが・・・

ちなみに先輩の機種はD810。ニコン史上最高画質と言われているとんでもない高級カメラです。

まぁ、これは少しカメラのことを分かり始めて知ったことで、当時の一眼超初心者の自分には、ぶっちゃけ、どのカメラも全部同じように見えるわけで・・・。

それより、自称?歴史マニアの観点から言わせてもらえば・・・

太平洋戦争時において、あの戦艦大和の測距儀にニコン製が使われていた事はあまりにも有名な話。

そこで測距儀とは何?って話になるんだけど、戦艦の主砲から発射される大砲の弾は、放物線を描いて着弾するため、測距儀を使用して正確に距離を計測しなければならないわけで、当時、日本光学工業(現在のニコン)のモノが採用されていたことは、歴史オタクの自分もカメラを始める前から知っていました。

 

仕事柄、自営業ではありますが小さい町工場で、自社ブランドの機械の設計製作に携わっている関係から、戦艦大和の測距儀をニコンが製作していたっと聞くだけで、同じモノ作りに携わる機械屋として、また技術屋として血が燃えたぎります!!

なんたって、あの「戦艦大和!!」ですからね (^.^)

当時の世界最高の戦艦ですからっ!!そんな大プロジェクトに参加してみたいっすね。

 

余談ですが、実は我社もおじいさんの代に、戦前は町工場ながらも軍需関係の仕事もしていたらしく、父親が子供の頃、爺さんのサイドカー付の単車に乗せてもらっては、当時の陸軍の基地に遊びに行ったり、うちの工場で働いていた兵隊さん達にも可愛がってもらっていた話はよく聞かされていました。

今から70年も前の戦前に、サイドカー付の単車を乗りまわしている爺さんって・・・

なんてハイカラな爺さんだったのでしょう (*^_^*)

 

長々とうんちくを書綴りましたが、ってなわけで、技術屋の血が騒ぎまっくてしまいニコン以外の他のメーカーさんの選択肢は全くありませんでした。

やはり、モノ作りと言えば、今も昔も「Made in JAPAN」っすね!!

 

さて、ニコンのカメラを購入するはいいけど、次はどの機種にするか・・・

これは、単純明快!!

あくまでも予算内であったから・・・。

ただ、それだけです!!

 

カメラを購入するにあたり、予備知識も何もなく、当然事前に性能など調べて行った訳でもなく・・・駄菓子屋に「よっちゃんイカ」を買いに行くような感覚で大手量販店へと行きました。

 

正確に言うなら、一眼レフカメラってどんなもんよ?って冷やかし半分で見に行ったってところですかね。そして、いざカメラ売り場の前に立つと、目の前にある一台のカメラがやたらと凄いオーラを出しているでないですか。

「俺にしろ!!兄弟!!」っと、ものすごい目力で訴えて?きてるような気がして、幾多の修羅場をくぐり抜けてきた空手家の直感で「これでいい!!」っと即決してしまいました。

お店の人があまりにもの即決ぶりに「えっ?いいんですか?」っと驚いた顔をしていたのを今でも思い出します。

昨日のブログにも書きましたが、カメラの色に惚れたってのも、実はかなりありますが・・・(>_<)

 

ちなみに、購入当時、D5300の隣には10万円オーバーのD7100がありましたが、誰がこんな高いカメラ買うのよ?っ思ってたほどです。

それが今となっては、レンズ沼と言う底なし沼に、温泉につかるがごとく、気持ちよくどっぷりとつかってしまっている始末ですが・・・トホホ (T_T)

 

今思えば、怖いもの知らずの超イケイケ初心者ですね (-。-)y-゜゜゜

 

そんな訳でついに手に入れた愛機がこちら!!

 

じゃ~ん!!!

 

f:id:Kumamon:20150903010826j:plain

Nikon D5300 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-55F3.5-5.6G VRⅡ 

 

どうでしょう?

この色、やっぱカッコイイ!!

レンズフィルターはマルミのPLフィルターを装着しています。

どこに持って行っても目立つので、現場でずらりと並んだカメラ群の中にあっても、すぐに愛機って分かります ♡

 

それにしても、D5300のレッド・・・シブいなぁ。

シブすぎる (-。-)y-゜゜゜

 赤い彗星って呼んだろうかっ(笑)

なんかガンダムにでてきた、ゲルググみてぇ~~~!!しかもシャアー専用 (^^)/

う~んシブすぎる!!

 

そして、こちらは・・・

 

f:id:Kumamon:20150903012237j:plain

Nikon D5300 望遠ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR 

 

もう一つのキットレンズである、望遠レンズっす。

これだけレンズが長いと、いかにも一眼レフカメラって感じがしますね~ (^.^)

 

まぁ、衝動買いと言うか、勢いで買ったと言うか、そんなカメラとレンズですが、まったく不満はありません!!

 

それはそうと、購入後知った事なのですが・・・

D5300はニコン一眼レフの入門機という位置付けとなっています。

写真を撮るための設定は別にして、けっこう扱いやすいカメラですね。

っと、今だから言えるけど・・・(汗)

 

やはり最初は、色々と悩みました。悩んだというより必死でした (T_T)

D5300関連の本を買い漁り、ネットで色々と分からないことを調べたりと・・・。

カメラを買った当時は受験勉強より勉強したかもしれません。毎日深夜遅くまでカメラのことで頭がいっぱいでしたよ。

 

なにがそこまで駆り立てたのか?は不明ですが、やればやるほど楽しくなって来たのかも知れませんね。

 

空手なんかを長くやっている人間だと、挫折とか中途半端で投げ捨てるみたいなことは嫌うので、とにかくとことんやる!!いかなる険しい道でもブレずにやり続ける!!

みたいなものが根っこからあるわけで(笑)

今思えば空手家であったことに感謝しています (^.^)

「押忍の精神」バンザイ!!

 

それにしても、カメラ道の稽古?は、ある意味キツイっすね(笑)

毎日、カメラ道の厳しい稽古を重ねたからと言って、今カメラのことをすべて理解しているわけでもありませんし、もちろん満足に写真なんか撮れません。

 

でも、こうやって自分の知らない世界に飛び込んで、それを極めるってことは、やりがいのあることなのかもしれません。

 

趣味として始めたカメラ・・・。

自分にしてみれば、いい趣味始めたって胸を張って言えますよ!!

ただし、レンズ沼さえはまらなければの話ですが(笑)

 

レンズの性能やカメラを使用してみての感想など専門的なことは、他のカメラマンの方々に任せるとして、自分なりに特にいいなぁって思ったことを少し・・・

 

御存知の方は大勢いると思いますが、D5300にはwifi機能があります。

これはとにかく便利!!

三脚を使用して、風景などを撮影しているときには、必須となっています。

撮影現場で、熟練のオジさんカメラマンさんがレリーズを使って撮影しているのをよく見かけますが、スマホタブレット片手に写真を撮っていると、物珍しいらしくよく話かけらます。腕はまったくないけど、ハイテクカメラで撮影!って感じです (^.^)

 

実際、撮影した写真などカメラの液晶で見るより、スマホタブレットで見た方が見やすいですね。また、撮影したものをすぐにスマホなどに転送できたりして超~便利!!

かなりこの機能には助けられています。

 

次にバリアングル液晶モニター

これもなかなか使えますね。好きな位置に液晶モニターを可動させられるので、ローアングルやハイアングルの撮影の時には便利。自撮りなんかもできちゃいます!!

そして極めつけは液晶モニターを180°反転できるので、カメラを使わないときなどは、液晶モニターの保護にもなって傷などがつかないのもいいっすね (^.^)

さすがモノ作りのニコン!!細かい所までいい仕事してますね !(^^)!

 

そして、D5300は意外に高感度に強い!!

撮影して思ったのですが、ISO感度を上げても思ったほどノイズ乗りが少なく、暗所での撮影が多い自分の撮影スタイルにマッチングしています。ちなみにISOは何かの組織ではありませんでしたよっ(笑)※2015/9/1のブログ参考

 

最後に、D5300はエントリー機と言ってもニコンの最新技術が惜しみなく盛り込まれている最高のカメラです!!

 

ってなわけで、ざっとD5300との馴れ初めを書き綴りましたが、もっと勉強して、もっともっと経験を積んで、カメラ道の黒帯目指すぞぉぉぉ~~~!!!

ってまだ白帯だけど・・・

押忍!!