読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

富士山麓で紅葉撮影!!これで今年の紅葉も見納めです (^^;) 河口湖&精進湖編

もうすぐ12月になりますね。

今年も残りあとわずか…。

このまま何事もなく無事に年を越したいモノです (^^;)

さて、今日のお話は富士山麓の紅葉撮影の第2弾、河口湖精進湖での紅葉撮影レポートになります。

どちらも言わずと知れた紅葉の名所ですね。

特に河口湖は早朝から大勢のカメラマンで賑わっていました。

あの紅葉を見れば誰でもカメラに収めたくもなりますねぇ…。

それでは、今年最後の紅葉巡りにサクッと行ってみましょう (^^)/

 

2016年11月20日

午前2時、河口湖の紅葉撮影に出陣します。

今日も相棒のO君と一緒に撮影です。

O君とは河口湖の北岸で待ち合わせをしています。

順調に走行し、山中湖まで来るとバッチリ富士山が見えていました。

前日の雨の影響でガスって富士山が見えなくなってしまう事が心配されましたが、これで一安心です (*^^)v

しかし、河口湖の湖畔まで来ると急に靄(モヤ)が立ち込め、あまり見通しがよくありません。

予定通り河口湖の北岸に到着した時は、かろうじて富士山が見えていた程度です。

こんな靄が出ていれば、きっと新道峠では大雲海となって見えていることでしょう。

しかし、今日は雲海撮影より紅葉撮影です!!

河口湖も所々すでに落葉が始まっています…。

タイミング的にも今日がギリのタイミングのようです。

午前3時過ぎにはO君との待ち合わせ場所に到着。

その後、20分ぐらいしてO君と合流しました。

霧状になった靄が早朝のタイミングで晴れてくれればいいのですが、こればかりは祈る他はありません。

とりあえず仮眠を取ることにして、車に戻ります。

午前6時前、目が覚めると相変わらず靄が立ち込めていましたが、だいぶ明るくなっていました。

何気にしばらくボォーっと湖畔を見ていると、段々と靄がなくなっていく様子が窺えます。

これは!!っと思い急いで車から飛び降りると、待機中だった他のカメラマン達も一斉に車から出てきて撮影準備に入り現場が急に慌しくなります。

もちろんO君も車から出てきて一緒に三脚を並べて撮影準備に入ります。

見る見る内に靄が晴れてきて、威風堂々とした富士山の姿が徐々に現れてきました。

ようやく待ちに待った瞬間です。

ここから、撮影を開始します!!

 

 

f:id:Kumamon:20161128233258j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 62mm  F11  SS 1/10  露出 0  ISO 200

 

時刻は午前6時30分ごろです。

富士山の山頂付近が見えてきました (*^^)v

凄い勢いで朝靄がなくなっていきます。

20人近いカメラマンが一斉にシャッターを切って行きます。

皆さん待ちに待った瞬間が訪れたので、かなり気合が入っていますねぇ (^^;)

 

 

f:id:Kumamon:20161128234428j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 60mm  F11  SS 1/60  露出 0  ISO 100

 

まだ少し霞んでいますが、富士山の全貌が見えてきました。

ついでに青空も見えてきましたね (^^)/

こんな霞んだ富士山ですが…

最近ではとっても好きになってきています。

くっきり・はっきりの富士山もイイですが、こうして霞んだ富士山も味があってイイように思えているのです。

うーん…イイ感じ (^^♪

 

 

f:id:Kumamon:20161128235146j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 48mm  F13  SS 1/60  露出 0  ISO 100

 

かなり富士山がハッキリ見えてきました (*^^)v

湖面に残る朝靄もイイ感じですね。

紅葉の鮮やかさと、少し朝靄が残る湖畔にそびえ立つ富士山…

実はこのショットは一番のお気に入りなのです (^^♪

こんなショットを撮りたくてスタンバイしていましたが、まさしく上手くハマってくれましたね (^^)

それにしても富士山と紅葉って…本当にいい組み合わせですねぇーーー。

この写真をA3に印刷し、いつも自分の写真をご自宅に飾ってくれている空手仲間のM師範に渡したところ、凄く喜んでくれました。

もう、かれこれ6~7枚ぐらい印刷したモノを渡していますが、ご自宅の長い廊下に展示してくれています。

本当にありがたい事です。

いつもお世話になりっぱなしになっているM師範に喜んでもらえると何よりも嬉しい限りです (^^♪

 

 

f:id:Kumamon:20161128235915j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 70mm  F11  SS 1/30  露出 0  ISO 100

 

今度は正統派?の富士山と紅葉です。

ここ河口湖の北岸では散歩がてらフラフラ歩きながら紅葉を楽しめます。

ほんの少し歩くだけで、沢山の撮影スポットがあり十分に撮影を満喫する出来るのです。

それにしても、これで今年も見納めか…と思うと、少し寂しい感じもしますねぇ (^^;)

ちなみに、翌週ここを通りかかった時はすでに9割ぐらいは落葉していました…。

ホント、ギリギリのタイミングでしたね (^^;)

 

時刻は10時前になりました。

O君と共に紅葉撮影を十分満喫した所で、お腹もすいてきました (>_<)

O君は朝霧高原経由で帰路につくとの事だったので、それなら富士宮焼きそばの美味しいお店があるから行こうっと誘ってみました。

O君も二つ返事で「是非!!」と気持ちよく誘いに乗ってくれたので、富士宮焼きそばを食して帰る事になりました。

富士宮焼きそばと言ったら、自分の中ではここしかあり得ません。

名店「むめさん」です。

 

以前もこのブログで紹介させてもらいましたが、元気がイイおばちゃんが仕切っているお店ですが味は天下一品です。

 

その時のブログはこちら↓↓↓

kumamon.hatenablog.com

 

河口湖からむめさんまでは、車でゆっくり走って30~40分程度掛かるかも知れません。

O君も美味しいと絶賛してくれたお店ですが…。

実は、今回は食べる事に夢中になってしまい写真がありません (>_<)

以前のブログを参考にして下さい。

スミマセン… (^^;)

 

お腹が破裂するかと思うぐらいお腹いっぱい食べてお店を出ました。

ここでO君とはお別れです。

次なる再会を胸にお互い帰路につきました。

自分も真っすぐ帰宅しようかと思ったのですが、精進湖で未だに紅葉撮影をしていないことが頭をよぎりました。

精進湖の紅葉のピークはすでに過ぎているかなぁ…って思いましたが、ダメ元で寄ってみることに…。

精進湖に到着して湖畔まで車で降りて見ると、かろうじてまだ紅葉が終わっていない感じでした。

ここもタイミング的にはギリ中のギリのタイミングでしたね (^^;)

今年は全体的に紅葉が遅れていたのでマジ助かりました。

早速三脚を広げて撮影開始です!!

 

 

 

f:id:Kumamon:20161129003516j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 45mm  F13  SS 1/80  露出 0  ISO 100

 

少し風が強めに吹いていたので撮影がやりにくかったですが、何とか切り撮ってみましたが…。

多少の被写体ブレはしょうがないですね (^^;) 

精進湖はカメラを始めたばかりの頃、しょっちゅう撮影に来ていた思い出の地でもあります。

ここは湖面も比較的穏やかな日が多く、逆さ富士も出やすいので初心者の自分にとっては撮影がしやすい場所でもあります。

また、山中湖や河口湖のように俗化されてない分、とても素朴で静かな湖なのです。

富士五湖の中では一番好きな湖かも知れませんね。

久しく来ていなかったので、新鮮な気持ちで撮影ができました (^^♪

 

 

f:id:Kumamon:20161129004453j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 52mm  F13  SS 1/400  露出 0  ISO 100

 

テレビ局のカメラマンらしき人が、バカでかいビデオカメラ?を持って精進湖の紅葉を撮影していました。

他にも数人程度のカメラマンがいる程度で、静かな湖畔は相変わらずでした。

どこかの大学のボート部の学生さんがどうやら合宿をしているようで、先輩にしごかれながら筋トレしている光景も目にしましたね。

いいなぁ…青春ってヤツだなぁ… (^^)/

頑張れ!!学生さん達 (^^♪

 

 

f:id:Kumamon:20161129005341j:plain

CAMERA:Nikon D750 LENS: AF-S NIKKOR24-70mm f/2.8E ED VR

焦点距離 34mm  F14  SS 1/80  露出 0  ISO 100

 

ここ精進湖では1時間ほど一人で撮影に没頭していました。

今は本当に写真を撮っている時が唯一の楽しみになっています。

カメラを始めて来月で丸二年になりますが、イイ趣味を持ったなぁ…ってつくづく思います。

そんなセンチな気分になった所で、本日の撮影は終了です。

 

 

いかがでしたか?

 

これで今年の富士山麓の紅葉も終わりになります。

まだまだいっぱい撮影をしたいポイントがあったのですが、今年はこれでもう行けそうもありません。

来年はまだ撮影していないポイントに足を運んでみたいと思っています。

 

話は変わりますが…。

実は、自分の地元の自治体が毎年発行するカレンダーがあります。

1月から12月まで月捲りのカレンダーになるのですが、そのカレンダーは月ごとの地元で撮影された富士山の写真を募集しているのです。

例えば4月なら桜と富士山とか、5月なら新緑と富士山とか…。

毎年夏にに締め切られ来年のカレンダーになる写真を選考されるのですが、かなり地元では人気が高く募集枚数も多いそうです。

プロのカメラマンやハイアマチュアの方も普通に応募してくるのですが、自分もダメ元で応募してみました…。

そうしたら、なっなんとそのカレンダーの一枚に採用されてしまったのです (^^;)

先日、自治体の職員の方が来られて、出来上がったばかりのカレンダーをわざわざ届けてくれました。

300枚ぐらいの応募があったそうですが、その中の一枚に選ばれてこれからの写真活動の励みにもなります。

しかし、応募した自分の作品はキャリアわずか9ヶ月で撮影したごく平凡な作品なので、なんだか他の人に申し訳ないような気もしなくもないですが…。

って言っても、選ばれた訳ですから素直に喜んでおきましょう (^^;)

それではまた次回のブログでお会いしましょう (^^)/

 

どうでもいいけど…。

先ほどのカレンダーは自治体の全域で全戸配布されるカレンダーなのですが、我が家にもそのカレンダーが配られています。

しかし、家族の者は未だに誰も気付いてくれません・・・

って言うか、早く気付けっつうの!!ポコペン(T_T)