読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kumamon's diary

くまモンを愛する空手家が写真道を極める奮闘記

D5300旅立つ 1 ー おいが西郷どんを撮っちゃるぅ~編 ー

今日は、D5300と初めて旅をしたお話の第1弾。まだカメラの操作もままならない一眼レフ初心者の珍道中?旅行記です。

 

2014年12月30日

年の瀬も押し詰まった2014年12月30日。この年も残すとこあとわずか・・・。年末年始に掛けて愛機D5300と良妻を伴い、九州旅行に旅立った。

初日の目的地は薩摩の国、鹿児島県。やはり旅の記録にカメラはつきもの。これまでコンデジで記録写真を散々撮ってきたが、しかし今回は違う。頼りになる愛機D5300が手元にあるのだ。初陣から一週間ほど経つが、その間も猛勉強を重ねに重ね、今回の旅に照準を合わせてきたつもり。って言っても、ただでさえ覚えることがありすぎるのに、肝心の実戦経験があまりにも不足しすぎて心もとない。

せっかくの九州旅行・・・もし、D5300が手に余り撮影がスムーズに出来ないと、せっかくの旅行が台無しになってしまう。保険でコンデジも持参しようとバックにつめてみたものの、どうもしっくりこない。心がしっくりこないのだ (-"-)

平成の侍?を自称する空手家が弱気になってどうする?お前のカメラ道にブレはなし!などと自問自答を繰り返すこと1分・・・。(そんなに悩んでな~い!!意外にポジテブな小生)

このD5300で西郷どん切り撮っちゃる!!っとあっさりD5300のみで行くことを決意。空路、鹿児島へと向かった。

鹿児島と言えば、西郷隆盛!!歴史マニアの小生が敬愛する偉人である。その西郷隆盛をD5300に収めることを今日の最大目標にして鹿児島の大地に降り立った。空港からレンタカー屋まで徒歩で移動。レンタカー屋の隣をふと見ると大名屋敷の門構えらしき建物があり、すぐさま目が奪われる。

 

 

なにげに入ってみると・・・

 

 

f:id:Kumamon:20150904223831j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離55mm  F9  SS1/320  ISO100  WB晴天 露出-0.3 画像加工なし とにかくでかい西郷像!西郷どんの器の大きさと同じですね (^.^) 

 

うひょ~~~!!いきなり西郷どんではありませんかぁぁぁぁぁぁ!!デカっ!

カメラを縦構図でとればその大きさが伝わりやすかったかもしれないが、そこはまだカメラ道の白帯 (>_<) こんなでかい西郷像がいきなり出てきたから、思わず興奮してそんなことはぶっ飛んでしまっていた (-_-;)

「おいが西郷どん切り撮っちゃるぅ~」ミッションクリア (-。-)y-゜゜゜

ってかもうクリア?はやすぎじゃねぇ(笑)

鹿児島の大地を踏みしめて10分後の出来事であった・・・。ちなみにこの西郷像は空港から徒歩5分程度にある西郷公園にあります(^.^) 高さは約11m。人物像では日本一の高さだそうです。

いきなりのミッションクリアで、「D5300よ、ミッションクリアの気分はどうよっ?これからも頼むぜ!!」などと独り言をブツブツ言いながら(念のため、決して変なオジサンではありませんよ)、レンタカーに乗り込みいざ出陣!!4泊5日の旅が始まった。

 

鹿児島空港から知覧へと向かう。途中、姶良(あいら)市にある白銀坂(しらがねざか)に立ち寄ってみた。るるぶにここの写真が小さく掲載されてあった。しかも、るるぶの中にあった何かの広告と一緒に小さな写真のみの掲載。

なんて場所で、どう行くのよ?ここってどこよ???って言いたくなったが、しかし、それを見逃すD5300ではない。ありとあらゆる情報を収集し、次なるターゲットに白銀坂が決定したのだ!!

ちなみに、この白銀坂は歴史国道とも言われており、石畳が残る風情ある坂なのだ。戦国時代には島津貴久や義弘などの武将たちがこの坂に陣を構えたといわれ、また、江戸時代にはいると、白銀坂は薩摩藩の主要街道として鹿児島城下から熊本へ抜ける薩摩街道「大口筋」上の難所として多くの人に知られていたそうだ。

 

 

f:id:Kumamon:20150904234614j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離18mm  F9  SS1/60  ISO100  WB晴天 露出+0.7 画像加工なし じゃ~ん!!この竹林いい感じで撮れてません??自己満足の一枚 (^.^) 

 

白銀坂の入り口から、登山道みたいな道を登り始めるとすぐに坂は竹林に覆われる。誰もいない坂をのんびりと散策する。静寂に包まれた空間の中、江戸時代にタイムスリップしてしまったかのような錯覚すら覚える。

 

やはり旅はいい・・・日常を忘れさせてくれる。旅情に酔いしれているときに、突然D5300が吠えた!!

 

 

f:id:Kumamon:20150904235829j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離18mm  F8  SS1/15  ISO125  WB晴天 露出-0.3 画像加工なし 京都のお寺みたいな雰囲気が漂う白銀坂。山の中なんですけどねっ (>_<) 

 

登山道から石畳に白銀坂が変貌した瞬間をD5300がとらえたのだ!!カシャッ カシャッ

こうなったらもうD5300の勢いは止まらない!坂の奥へ奥へと突き進む!!見るものすべてを切り撮る。静寂な白銀坂にD5300の大合唱が始まった♪ 

 

 

f:id:Kumamon:20150905001750j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離55mm  F5.6 SS1/25  ISO125  WB晴天 露出-0.3 画像加工なし 歴史の重みを感じる石畳。コケの感じがシブすぎる (^.^)

 

 

f:id:Kumamon:20150905001602j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離28mm  F5.6 SS1/25  ISO125  WB晴天 露出-0.3 画像加工なし 島津家の殿様も歩いたと思うと感無量。西郷どんもこの坂を越えて活躍してたんだなぁ~ (^.^) すげっ!!

 

散々、白銀坂を堪能し次なる目的地、知覧へと向かう。知覧と言えば特攻隊の出撃基地で有名である。早速、知覧特攻平和会館へと向かう。太平洋戦争時に幾多の若者がこの基地から出撃しては尊い命を犠牲にしてきたが、平和会館へと足を踏み入れると、特攻の史実を知り、戦争の悲惨さ、命の尊さを学ぶことができる。

ここから出撃した特攻隊員の名簿もあり、その中にご先祖様らしき名前を見つけた。

あっ!と思い、その時は、背筋を伸ばし平和の礎となって散ったご先祖様に、いや戦争の名のもとに犠牲となった皆様のご冥福をお祈りし、こうして平和で暮らせてることに感謝した・・・。

 

知覧をあとにして指宿へと向かう。指宿は砂風呂で有名な温泉地でもあるが、今日のお宿の白水館にも砂風呂が完備されている。知覧茶のお茶畑を快走した。静岡もお茶処ではあるが、この知覧のお茶畑も見事である。残念ながら、先ほど吠えまくったD5300はお昼寝?中で、ここでのショットはない (>_<) って言うか方々でゆっくりしすぎたのでスケジュールがタイトになってきていたのだ。急がなければ・・・いざ指宿へ!!

 

知覧の茶畑を走り抜けると、やがて海岸線へとでる。おぉぉ海だぁ~!!指宿まであと少しってところでD5300が昼寝から目覚めたようだ。さっきから海を見てはグズっている (^_^.)

 

しょうがねぇ・・・散歩がてら本日のラストを飾るかぁ (-。-)y-゜゜゜

ってな感じで、番所鼻自然公園に立ち寄った。

薩摩藩の番所があったことから名づけられた番所鼻自然公園は、江戸時代、日本地図作成のために立ち寄った伊能忠敬が「天下の絶景なり」と賞賛した景勝地。ならば天下の絶景とやらを、思う存分切り撮ってくれようぞ!!愛機D5300と共にいざ出陣 !(^^)!

 

駐車場から遊歩道を少し歩く。潮の匂いが期待感を膨らませてくれる。ほどなくして天下の絶景が徐々にその姿を現し始めた・・・。

 

 

f:id:Kumamon:20150905011952j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離38mm  F8  SS1/4000  ISO200 WB晴天 露出-2.0 画像加工なし おぉ~眩しいぃぃ!!思いっきり逆光でのショット。

 

海に照りつける太陽がハンパない!!さすが南国。真冬だというのに太陽がギラギラしてやがる (ー_ー)!! こちらも負けずに切り撮らせて頂く。お昼寝から目覚めて間もないD5300に檄を飛ばす!どうでもいいけど・・・真冬の海も悪くないっすね (^.^)

 

っとその時、またもやD5300が吠えた!!まるでなにかに反応しているようだ。

ん?んん? あっあれは・・・まっまさか!!

 

 

f:id:Kumamon:20150905013741j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離21mm  F7.1  SS1/640  ISO200 WB晴天 露出+0.3 画像加工なし ほんと富士山そっくり(^_^.)

 

ふっ富士山???海に富士山が浮かんでいる!!!

なぜ富士山がここに・・・??突然現れた富士山にD5300が襲い掛かる!カシャ カシャ

先日の初陣での紅富士撮影(2015/9/4ブログ参照)で宿敵となって以来、打倒富士山が目下の目標。いつになくD5300が過剰に反応する。

 

 

f:id:Kumamon:20150905015320j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離21mm  F10  SS1/400  ISO200 WB晴天 露出0 画像加工なし 天下の絶景ってのもうなずけます。

 

突然現れた富士山を思いっきり切り撮る!!

ってなわけないでしょっ (^.^) これは、薩摩富士こと開聞岳である。それにしてもよく似ている。伊能忠敬公、しかと「天下の絶景」切り撮らせて頂きました。あざーすっ!

 

 

f:id:Kumamon:20150905020048j:plain

Nikon D5300 AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRⅡ 焦点距離21mm  F10  SS1/250  ISO200 WB晴天日陰 露出0 画像加工なし 天下の絶景に日が落ちる・・・。D5300いい仕事しますねぇ~!

 

天下の絶景を切り撮り、超ご機嫌なD5300と小生 (*^_^*)!   

あまりにも楽しみすぎて時間が経つのを忘れ、気づけばすでに日が落ちかかっていた。つうかマジで忘れてる!!ここにきて、これまで沈黙を守っていた良妻が、てめぇ~いい加減にしろ!!っと、ついにマジキレ状態(怒)

どうやら早く砂風呂を堪能したいらしい・・・やばっ (>_<) 

早々に退散し、お宿へ向かう・・・。ゲロゲロ (T_T) 

 

それにしても、カメラ道は鬼嫁との闘いもあるんだなぁ・・・っとしみじみ思った。恐るべしカメラ道!ブラックベルトへの道はまだまだ遠い。

明日はどんな旅になるんだろうか・・・ポコペン (T_T)